SHIINBLOG

20代前半からの資産運用

資産運用を計画的に行い、将来億の資産を築き上げることが目標です。このブログでは資産運用の大切さとその記録を書いていきます。ただ、投資は必ず自己責任でお願いします。

H29年3月17日。初めての追加証拠金が発生した経緯について。みなさんはしくじらないでください。〜其の1〜

タイトルの通り、デイトレ用の口座で追加証拠金請求が発生する事態となりました。

 実はFOMCがあった前日(3月14日)からドル円のポジションを持っていて、それがロングポジションだったということはここだけの話です。では市場退場になった経緯について記載してみようと思います。

もくじ 

悪夢の3月14日

きっかけは20pips前後を狙ってのトレード 

前回の記事までの月間獲得pipsは+113.5pips。それに追加して+22.6pipsを獲得し、月間獲得pips数は+130pips超え!自己最高録を更新しました。このペースなら300pips獲得も全然イケる!

 上昇トレンドでの押し目買いは基本戦略でもあり、これがしやすいチャートでした。

 114.9円程で保有していたポジションは115円を突破し、利確。そしてしばらくして再び115円に戻ってきました。ロングポジションです。オーダー情報も市場の時間も確認済み(トレンドが変化しやすいNY勢はまだこない時間)と思いながら、チャートを見ているとあっさりとラインを割ってしまいました。もちろん、すぐに損切りするなり、ポジションを持ち直すなりいろいろ対策を取るべきでしたが僕はその時浮かれていたわけです。

 

「戻すっしょ」( ^ω^ )

 

そのチャートを見ながら「フェイクだ」と思いました。確信はないけど自信はあったワケです。どうせ115円台に戻してくる。上値は重そうだから115.2円をブレイクしなければそこで利確しよう。15~16pipsは取れる。

それからこの記事を書くまで(H29年3月17日現在)、一度たりとも115円に戻すことはありませんでした。

下落の止まらないチャートに焦る 

それからしばらくしてアメリカ勢の参入が始まりました。NY参戦勢の奴らは御構い無しにドル円チャートを下げてきます。いよいよ114.7円を割り、とっくに最初に決めた損切りラインは割っていました。

 

その時FXを初めて1年目の僕は何を思っていたのか。正解は、「やべえ、114.9円までは戻すだろうからそこで損切りしよう」でした。それからチャートは加速していきます。もちろん下方向に。おそらくポジションを調整しているのでしょう。しかしながら下ももちろん堅いので勢いよく割ろうとしている感じでもなかったです。しばらくするとチャートも落ち着くので1時間足、4時間足を見てみることに。

 「長期足ならこれが押し目なのかな?だとしたら明日のFOMCの買いが加わって118円も見えてくるな( ^ω^ )3月の利上げはもうほぼ確実。あとはこれで4回の利上げが実施されれば、沸騰チャートじゃないか!」

 

そして安心し切った僕はベッドで寝ることにしました。

 

逆指値も入れずに。

 

引くに引けないポジション 

最後のチャンスを逃す

朝起きてとりあえずびっくりしたのは114.5円まで下げたことでした。さすがにここには買いオーダーが多くて割る要素も今のところはなかったように思います。

 しかしながらもう既に50pipsほど逝かれてしまっていて、なかなか後戻りできる状況ではなかったワケです。しかも今日は本業がある日なので出勤しなければいけません。

 「もうさすがに損切りするかな・・でも、これまで何度も50pipsほどマイナスになってから戻していくパターンが多くて損切り貧乏になってしまっているから、ここでは損切りはしないでおこう・・・全ては今日のFOMCの前の布石!」

そして出勤しパソコンやスマホもちょくちょく見ていると、

 「あれ?114.8円まで戻してんじゃん!」

 短期では買い注文がきているし、この辺で切れば、昨日の獲得したpipsだけの損失だけで済むレベルに達していました。しかしながら、人間ってのは欲望の塊。それが悪いこととは思わないけど、欲が強すぎてしまうとこうなるワケです。

 「115円まで戻すねこれは!このポジションは持っておこう。」

 

 今日この日の高値はほとんどここでしたね。

 

FOMCの前、ここである事件が起きる。

それから値幅があまり動かず、含み損を抱えたまま時間だけが過ぎていきます。しかしながらあまり不安はなく、FOMCでチャートを上げてくるだろうという安易な考えを持ったまま、チャートを見ていました。それだけ今月はしっかりと利益も出せていて、さすがに130pips以上の損失は出さないだろうということもあり、なかなか楽観的でした。

 そこで友達とPlayStation4のダークソウル3というゲームを電話しながらプレイしたりして時間つぶしをします。FOMCの2~3時間前になるとその日のゲームはお開き(その友達はFXはやってない)で、しばらく時間があるのでスマホでいろいろアプリをしたりして時間を潰した。

 

そして気がつけばもう4時過ぎで、

 FOMCは終わっていて、

 

 逆指値を入れていなかった自分がいました。 

 

追証発生の続き記事