SHIINBLOG

20代前半からの資産運用

資産運用関する記事を更新しています。様々な運用方法や話題の投資先、実際の体験談などを元に資産運用し初心者の方でも分かりやすいように解説していきます。

H29年8月4日雇用統計 結果は良好でドルは上昇

もくじ

雇用統計結果発表

雇用統計の結果出ましたね!

 

H29年8月4日発表、7月 米国雇用統計

非農業部門雇用者数

予想:18万人 結果:20.9万人

失業率

予想:4.3% 結果:4.3%

平均時給

予想:0.3% 結果:0.3%

 

この結果を受けてチャートはこのように推移しています。

f:id:FX-Trader-Takayuki:20170804221407p:plain

(左:ドル円15分足 右:ユーロドル15分足)

 

正直結果を見た時にそんなに強い数字ではないと思ったのですが、ドル買いが一気に進みましたね。

まあどのような数字であれ、いつも正しいのはチャートですからね(^◇^;) 

裁量トレード

ドル円トレンドは短期下落トレンド、ユーロドルトレンドは上昇トレンドだと思っていることや、指標もそこまで強くないと思いましたので、一旦ドル買いが落ち着いたのを確認してそれぞれ逆張りでポジションを持ちました。

10分ぐらいで合計40pipsぐらい利益が出てましたが、さすがは雇用統計、記事を書いているこの時間で利益を全ブッパし、含み損を抱えさせられましたw

 

個人的には雇用統計の相性が非常に悪いので、発表前には全てのポジションをクローズします。(ただ、今日のユーロ円ロングポジションを発表前にクローズしたことは後悔していますが・・)

 

直近のレジスタンス付近でポジションを追加するか、値を戻したら利確、レジスタンスしっかり抜けたら損切りのプランで今日は行きます。

やはり数量は少ないに限る

数量(lot)を僕が上げるのはここぞという時だけ。

雇用統計は僕の中で相性が悪いのと、ギャンブル感が強いのでlotは上げません。レバレッジでいうと3〜4倍ぐらいだと思います。

そのぐらいのレバレッジでも値幅が大きいので利益としてはしっかり出ると思います。逆に言えば、数量の割に損失が大幅に膨らむ危険もあります。

 

数量を少なくするとチャートとにらめっこしなくていいので、雇用統計などのイベントでも落ち着いて判断が出来ると感じているので今回はこの方法でやってます。

皆さんもlot(数量)の上げすぎ、レバレッジ掛けすぎには注意してくださいね〜。

 オススメのFX失敗談