SHIINBLOG

20代前半からの資産運用

資産運用関する記事を更新しています。様々な投資についてや、実際の体験談などを元に初心者の方でも分かりやすいように解説していきます。※あくまで投資は自己責任でお願いします。

ずぼらな人の資産運用に向いている、何もしなくて良い方法がある!

資産運用に興味はあるけど正直、色々勉強したり、マメにチェックしたりするのはめんどくさい・・。かといって銀行に預金しておくだけではもったいない気もする・・。そんな、ずぼらな私はどうしたらいいんですか?

f:id:FX-Trader-Takayuki:20171002140440j:plain

参考:フリー素材ぱくたそ(www.pakutaso.com)

 

もくじ

 

ズボラな人でも出来る資産運用について

ズボラな人でも出来る資産運用にはどのようなものがあるのでしょうか?

資産運用にはたくさんの種類があり、その時の経済状況で価値が上がりやすくなる金融商品もあれば、預金などに多く回しておいた方がいい時期などもあります。その時々でそれを判別し、上手に運用することが望ましいのですが、こまめにチェックしたりするのはズボラな人には少し辛いかもしれません。

僕自身もズボラな部分があり、やり始めた時には結構熱中できても、途中で飽きてしまったりすると、そのまま放置して・・というようなトコロがあります。そんなズボラな部分がある僕が実は意外と向いているらしいのです。

 

ずぼらな性格は資産運用に向いている!?

ずぼらな性格は資産運用に向いているという話をご存知でしょうか?

大抵の人は投資を開始すると、金融商品の値上がりが気になります。チェックが頻繁になるので、損失が出れば不安になり、利益が出れば調子に乗ることもあります。これに対し、ずぼらな人はチェックしたりするのをめんどくさがります(笑)

実はそれ、全然イイことなんです!むしろ、運用方法によってはそのずぼらさが向いている場合もあります。私、ずぼらだからな〜と預金だけで全て片付けておくと勿体無いかもしれませんよ?

 

金融商品に無知で、ずぼらな私でも出来るってホント?

金融商品に無知であり、ずぼらなアナタでも出来る方法は実はいくつもあります。

基本的にずぼらな人の運用は長期投資がオススメできます。チェックの頻度もほとんどせずに出来ますし、10年以上ほったらかしでもいいものもあります。短期で利益を上げようとすると、どうしてもこまめなチェックが必要になったり、リスクを背負わなければいけないケースもありますので、注意が必要です。

そのため、こまめなチェックの必要がない長期投資をオススメしますが、長期投資にも色々な種類があるのです。中には金融商品の知識がなくても始められるものもあります。

 

ずぼらな人にオススメの資産運用

 では、ずぼらな人にオススメな資産運用には具体的に何があるのでしょうか?

人によってはちょっとずぼら、そこそこずぼら、ものすごくずぼら、完全放置という方もいるでしょう(笑)自分のずぼらさに合った方法を見つけましょう。

投資信託

例えば、投資信託ではプロに自分の資金を預けて運用してもらいます。そのため、金融知識がなくても効率よく利益を出すことができる可能性があるので、ずぼらで1から勉強するのはだるいな〜と思う方にはオススメできそうです。ただ、基本的には元本が保証されないので、預金などに比べると少々リスクを伴います。

外貨預金

次に外貨預金などがあります。国内の銀行にお金を預けていても金利が低いので全くお金は増えませんが、外貨預金であれば日本より金利が高い国が多いので国内預金よりもおトクな場合が多く、円建て以外のリスク分散にもなります。

ただ、為替変動のリスクで価値が変動したり、手数料が高いのでFXの口座を一つ開設して外貨を保有しておく方がお得でしょう。いざとなったらこまめなチェックと、出金なども自由度が高いのでオススメできます。

 FX自動売買システム

FXの自動売買システムは、基本的に放置しておきながら為替差益での利益も狙えるので、ずぼらな性格のアナタでも大きくリターンを狙うことができます。基本的に放置しておいて大丈夫ですし、利回りも上記の2つに比べると大きい場合が多く、僕もループイフダンという自動ツールを一つ運用しています。

 僕が稼働しているループイフダンに興味がある方へ

 

しかし、為替差益という部分でやはり損失を出してしまう可能性があります。ツールによっては完全に放置しておいて大丈夫という訳でもないので、ずぼらだけど、ちょっとしたチェックぐらいなら出来るという方にはオススメできそうです。

 

ずぼらな人の資産運用をまとめてみて

ずぼらな人は資産運用に以外と適しているということが分かりましたね。 

人間どうしても自分のお金のことなので、こまめにチェックしたりしてしまいがちですが、チェックがめんどくさい、ずぼらな性格だからしんどい、イチから勉強するのはちょっと抵抗がある・・という、ずぼらさが実は長期投資では秀でているのかもしれません。

先日海外の金融商品を購入して放置していた知り合いは、ずぼらな性格でした。3年ぶりに「ああ、そういえばあれ買ってたな。今どうなってるんだろう?」と蓋を開けてみれば60%の利益が出ていました。しかし、その金融商品は途中で買った値段より価値が下がっていてマイナスになっていたのですが、ずぼらな知り合いはそれに気がつかず、結果的には利益を出すことが出来ました。まさにズボラな性格様様です(笑)

もしかしたら、アナタのずぼらな性格が資産運用では活躍するかもしれませんね。

 

自分に合う方法を見つけて見ましょう