SHIINBLOG

20代前半からの資産運用

資産運用関する記事を更新しています。様々な投資についてや、実際の体験談などを元に初心者の方でも分かりやすいように解説していきます。※あくまで投資は自己責任でお願いします。

株で資産運用がこわいって?むしろ株式投資やってないと「ハード人生ゲーム」

株で資産運用は当たり前の時代になりつつある!

株と聞いてアナタはどう思いますか?

「損するものだし、怖いから絶対やらない!」と先入観だけで拒否して、

あとで後悔しても知りませんよ?

f:id:FX-Trader-Takayuki:20171029090146j:plain

 

もくじ

 

先日、日経平均株価が16連騰したというニュースは様々な番組で報道されました。

これは歴代最長記録であり、株価が戦後最高値をマークしました。

 

株をやってない人からしたら「へー」ぐらいにしか思わないでしょうが、

これはかなりすごいことです。

 

確かに株といえば、

「大損した!絶対やらないほうがいいよ!」

とか、

「絶対勝てないからやめとけ!」

なんて言われたりしますが、やり方次第ではそうでもありません。

 

しかし実際に、自分の周りの人も株という単語を聞くだけで、

「自分は怖いからいいよ」という人が多いです。

 

一体それはなぜなのでしょうか?

株に対する日本人のイメージがそもそも良くない

株に対して、日本人はあまりいいイメージを持っていません。

 

確かに、リーマンショックという歴史的な出来事で、

投資家の多くが破産してしまいました。

 

リーマンショックの年には、それまで安易に投資を行なっていた人が、

一気に積み上げてきた資産を株などを中心に溶かしてしまったため、

株に対してのイメージダウンが広がりました。

 

それから数年が経ち、近年では株に対するイメージがだいぶ良くなってきましたが、

未だに日本人にとって、株は怖いモノといった考えが根強く残っているみたいです。

 

しかし、外国に目を向けていると、日本人と外国の人の資産の持ち方には

かなり大きな違いがあることがわかります。 

株に対しての外国人の考え方

株に対してマイナスをイメージを持っている国民が多い国はほとんどありません。 

 

例えば、アメリカ合衆国の国民は貯金よりも

株で資産を保有している人が多いというデータが出ています。

現金比率と株の比率が日本人と真逆です。

 

また、外国人は株の話が大好きです。

仕事の合間に株の話、家族と株の話をするなど、

非常にオープンなイメージを持っています。

 

そのため、

株価が上がると「へー」というのが日本人

株価が上がると大喜びするのが米国人

 

という違いがあります。

株だけじゃない、米国人の投資先

株に対して米国人は積極的ですが、

米国株の保有状況としては、ほとんど富裕層が株式を占めているそうです。

 

そのため、株の恩恵のみで資産形成をしている人は少ないようですが、

投資に対しての意欲が米国人は非常にあります。

 

株以外にも、不動産投資信託などは敷居も低いことが多く、

多くの人が利用しています。

 

海外では自分が働いて得るお金と、

お金が勝手に生み出すお金の2種類から収入を得る人生というのは

ごく自然なことだというのがわかりますね。

株が怖いという考え方は日本の教育も関係する 

 株に対していいイメージがない理由の一つに、

日本の金融教育が整備されていないということが挙げられます。

 

日本での金融教育のほとんどは、

「お金を大切に使うこと」や、

「消費者として損しないための方法」などを中心に勉強します。

 

自分たちが学生時代の時、クーリングオフ制度とかについて学びましたよね。

あとは、「真面目に働いてコツコツお金を貯めましょう!」とか。

 

けれども、株や不動産のことについて、学校で学んだ記憶がありますか?

そもそも、どこで株や不動産について知る機会があるのでしょうか?

株のゲームが無料で配信されているUSA

株に対して積極的なのが、USAことアメリカ合衆国です。

 

前述したように、米国では預金比率よりも株式の比率の方が高く、

国民の投資意識が高いことがわかります。

 

日本と違い、株などへの投資意識が高い背景に金融教育の違いが挙げられます。

 

米国では

株式ゲーム投資シュミレーションゲーム

が無料で用意されており、自由にプレイすることが可能です。

 

ゲームを楽しくプレイしながら金融教育ができるなんていいですよね。

子供の頃はやっぱりゲームの知識が一番頭に入る気がしませんか?

株のオススメ関連記事

 

株の魅力はどんなところにあるの?

株を外国人が積極的にやっているのは分かりましたが、

実際には、どんな点が魅力的なのでしょうか?

 

預金と比較すれば分かりやすいですが、利点を挙げるのなら

株の魅力は大きく分けて3つあります。

 

株を保有する期間や、どんな株を買うかで得られる利点は変わってきます。

まずは自分にあった株の持ち方を選ぶといいでしょう。

株のメインは何と言っても売り買いの差益!

株で一番利益を出す方法は売り買いの時に発生する売買差益です。

 

10,000円で買った株を12,000円で売ることが出来れば、

2000円の利益が上がります。

 

安い時に買って高い時に売ることを繰り返すことで、

株の売買で利益を狙うことが出来ます。

 

この売り買いは株式投資のメインでもあり、

投資家の中には、株の売り買いだけで年間に1億円以上稼ぐ人がゴロゴロいます。

 

しかし、失敗しやすいのもこの売り買い目的中心の方です。

 

失敗し、損失を出したくないという人は買って長く保有しておく方法もあります。

株をなが〜く持っているだけでお金をもらえる!?

株を長く保有すると利点があります。

 

それが、株の保有者に支払われる配当金です。

この配当金だけで暮らしているという猛者もいるほどで、

 

持っている株式が多ければ多いほど、配当金は増えます。

 

この、配当金が目当てで株を始める人は、基本的に株を売り買いせず、

ずっと長く保有している人が多いです。

 

そして頃合いをみて売り買いすれば、売買差益による利益も見込めるのです。

 

また、配当金をもらったらその配当金で追加で株を購入するなどして、

雪だるま式に資金を増やすことも可能です。

株のオススメ関連記事 

株を保有してればプレゼントがもらえます

株を保有することで得られる利点の最後に、

株主優待というメリットが挙げられます。

 

株主優待は、企業から株を保有しているお礼に、

その企業の商品やQUOカードなどを毎年もらうことが出来ます。

 

例えばマクドナルドなら、ハンバーガーをはじめとする商品の無料券がもらえますし、

永谷園なら、海苔やふりかけの詰め合わせがもらえます。

 

そのほかにも企業によっては

ビットコインを優待で出しているところもありますよ。

株を選ぶ際に、初心者にオススメな選び方

株の売買差益で利益を出そうとして失敗したり、

配当金で元をとるのに、思っていたよりも年数がかかってしまう場合など、

最初のうちは、株を選ぶのは難しいでしょう。

 

将来値上がりするかどうか分からないし、

もしかしたら、お金に困った時に途中で売りに出してしまうかもしれません。

 

また、いきなり興味がないものに自分の大切なお金を差し出すのも

なかなか敷居が高いですよね。

 

そこで、初心者にオススメされる株の買い方として、

 

自分が興味のある会社の株を買う

 

という方法がよく推奨されています。

 

この方法は3つ目の株の利点である、

株主優待の魅力をさらに引き出すことが出来ます。

 

もちろん、売り買いによる差益や、長期保有していれば配当金だってもらえます。

株のない人生は本当にハードです

株に限ったことではないですが、

投資で大儲けしようという考えがあると、多くの人は失敗してしまいます。

 

しかし株を資産の一部として捉え、保有することで、

得られる恩恵は預金の利息をはるかに上回ります。

 

日本人はコツコツ真面目に働き、お金を貯めていますが、

人生のライフステージで出費はどんどん増えていきますよね。

 

まるでエレベーターを逆走しているようなものです。

 

確かに働いて得たお金には価値があるかもしれませんが、

利息や配当金で得たお金も立派な資産ですよね。

 

仕事を一生懸命やってもお金が足りないから、

節約しよう、バイトしようと思っているのなら、

自分の力だけじゃなく、お金にも稼がせてみてはいかがでしょうか?

株で資産運用することについてまとめてみて 

株に対してのイメージは年々よくなってきています。

 

また、国もNISAを導入するなどして、

「貯蓄から投資へ」を目標にし、株式市場も年々活発になってきています。

 

あくまで、お金というのは物の価値を数字化するツールでしかありません。

そのお金を貯めることも大切ですが、

生活の質を落としてまで果たして貯める必要があるのでしょうか?

 

株に投資しているお金で、毎月3万何もしなくても貰っている

 

という将来の自分を想像したらワクワクしませんか?

お金のことはもっとラフに考えていいと思いますよ。

オススメ関連記事